>

面接がすべてではない!応募書類に力を入れよう

それぞれのアピールポイント

未経験者が一般事務に応募する場合、タッチタイピングができる、エクセルが得意といったアピールポイントがあればしっかりと書くことが重要になります。
また、一般事務の仕事ができればどんな企業でも構わないといったスタンスで望んではいけません。
もし応募先企業の商品を使ったことがあるならば、そういった点を書くことで採用担当者に好感を持ってもらえるかもしれません。
事務の仕事の経験者であれば、前職でどんな仕事をしてきたのかといったことを書いてしっかりとアピールしましょう。
どういった書類を作成できるのかなどの具体的な事例を書けるとより良いです。
現在何か資格を取ろうとしているのであれば、そういった点もしっかりと書くことでアピールポイントとなることでしょう。

志望動機を書く前に

履歴書作成の上で、志望動機はとても重要です。
一般事務の場合、PCスキルや書類作成能力を活かせると思ったから、といった志望動機を書く人は少なくないかもしれません。
しかし、これだけの理由ではどんな企業にも当てはめることができるため、その企業に応募したい理由にはなりません。
もう一歩踏み込んで、応募先企業のどんな点に魅力を感じているのかといったことも触れてみると良いでしょう。
また、応募先企業のことをよく知らずに作成した履歴書は、どうしてもありきたりな内容になってしまうものです。
履歴書を作成する前に企業ホームページを見てみたり、パンフレットに目を通してみるといったことをするだけでも、説得力のある志望動機を書きやすくなることでしょう。


Share!
TOPへ戻る