>

重要な面もある

丁寧に書こう

応募書類を作成する場合は、時間に余裕を持って作成しましょう。
慌てて作成した場合、誤字脱字が多くなってしまうこともありますし、手書きの場合は字が汚くなってしまってマイナスポイントにつながることもあります。
最近では、履歴書の作成は手書きでなくてもいいという採用担当者も多いので、どうしても文字に自信がない場合はパソコンで作成するのもいいでしょう。
もし手書きする場合は、黒のペンで書くことが基本です。
また、最近では消せるボールペンというものがありますが、絶対に使わないようにしましょう。
使ってもどうせわからないだろうと思うでしょうが、温度の変化によって文字が消えてしまうものなので、せっかく記載した内容が面接時に消えていたということがあっては大変です。
修正液や修正テープを使わないのも基本なので注意しましょう。

敬称や添え状等

応募書類に応募先企業の敬称を書く場合は、御社ではなく貴社と書くようにしましょう。
御社というのは口語体なので、面接時等に使うものなのです。
応募先が企業ではなく、例えば学校であれば貴校、事務所の場合は貴事務所、個人事業主であれば何々様で大丈夫です。
書類を送付する場合は、送付状、添え状を同封しましょう。
用紙サイズは履歴書に合わせて作成します。
日付、宛先、連絡先、応募書類の送付についてといったタイトル、そして本文を書きます。
本文には、応募の経緯や簡単な自己PR、封筒の中身、採用検討のお願いといったことを書きます。
自己PRは履歴書にも記載しているはずなので、ダラダラと書かずに簡潔に書くようにしましょう。


Share!
TOPへ戻る